光回線を解約する時に違約金が発生するときがある?

引っ越しなどで光回線を解約しなければならなくなった時には、状況によっては違約金が発生するケースがありますので注意が必要になってきます。
違約金を支払わなければならないケースとしては光回線を契約する時に最低利用期間というのがあったかというのがポイントになります。
最近では特にキャンペーン中には低料金で利用出来るプランが用意されており、その中には最低利用期間の設定をしているケースが多いですので特に注意が必要です。
通信回線を選択する時には比較的料金や速度を気にする方もいらっしゃると思いますが、解約時のペナルティなどをしっかりと確認して契約するのが望ましい方法と言えるでしょう。

また、引っ越し先でも引き続き同じ回線を利用できるというケースもあり、その場合は違約金が発生しないということもありますので、引っ越しが決まった時は早めに連絡をして確認してみましょう。