カラーコンタクトの付け方って?

近視になった時からコンタクトを利用している人がいます。
そんな人は、コンタクトの付け方を十分わかっていることでしょう。
(笑顔)しかし、視力が良くてもカラーコンタクトを付けたいと考える人がいます。
そんな人が多くなっています。
これは何故かと言うと、オシャレで付ける人ですね。
瞳がエメラルドグリーンとか、コバルト色になります。
そうすると目立ちますよね。
(笑顔)※カラーコンタクトは度がありません。
ですから、誰でも付けられるとも言えます。
(笑顔)。
しかし、角膜に直接付けます。
ですから、最悪の場合は、失明してしまうこともあるようですね。
まず装着する前にちゃんと手を洗いをするように気をつけましょう。
バイ菌、ゴミが付いているのは問題外ですね。
(汗)そうすることをお勧めします。
手の平にバイ菌が付いていても、何の問題もありません。
しかし、瞳に付くと炎症を起こしてしまうことがあります。
注意しましょう。
目が充血することもよくあります。
(汗)装着する時は、爪で傷が付かないようにしてくださいね。
また、カラーコンタクトは表裏がありますので、裏返しに付けてしまうと、非常に違和感があります。
それから角膜とコンタクトの間に空気が入らないように注意しましょうね。
それでピッタリとした感じになります。
また、カラーコンタクトに限ったことではありません。
目の乾燥が気になる人もいますよね。
(笑顔)