デイトレードとはどういったものか?

デイトレードの意味ですが、人によって少し違います。
概ね、1日のうちにトレードが完結し、ポジションを持っている時間も分単位から数時間、長くても半日くらいのトレードを指す事が多いようです。
もっとハッキリ掴むために、他のトレードスタイルと比べてみましょう。
ポジションの持ち時間の短い順に、スキャルからです。
スキャルは、秒、分単位のトレードの繰り返しです。
パソコンのスペックを高くして、通信状況も速く、高速回線を使い、有利な瞬間にクリックします。
上手な人は、株もFXも、ほんの一握りの人達です。
次がデイトレード、その次がスイングトレードで、ポジションは数週間から数か月と言われています。
最後にホールドなどと呼ばれる、長期保有のスタイルです。
デイトレードの良さは、塩漬けにせずに済む、という事に付きます。
逆に損切りの勇気が必要です。
FXデイトレのコツ