フラット35借り入れのふかしとは?

住宅ローンなどの高額のローンを借りるとき「ふかし」ということをする人が居るのだそうです。
「ふかし」の意味は「嘘をつくこと」です。
ですから、住宅ローンでふかしといえば、嘘の申請をして金利や借入額を有利にしてしまうということを指します。
このように書くと、借りる側のお客さんが施工業者や金融機関、フラット35を騙して、嘘の勤続年数や属性を書類に記入してしまうように思えます。
しかし、一般の生活をしているお客さんが、「ふかし」などと言う言葉を知る由もなく、嘘を書いてフラット35の申し込みをするなんて、そうそう思いつきません。
実は、お客さんの属性が借り入れ条件ギリギリで、危ういときに不動産業者のほうから「大丈夫ですから申請してみましょう。
ここはこのように書き換えましょう」と「ふかし」をすすめることがあるそうです。
これは文書偽造になってしまうので、きちんと断るようにしましょう。
銀行ランキングでフラット35おすすめは?